男女

しつこい鳩には適切な対策を|害獣対策はお早めに

身近な鳥の様々な害

鳩

生活に馴染んでいる鳥

鳩は人間の生活圏内で主に棲息しているため、身近な鳥として親しまれています。ですが、実は様々な害を及ぼす害獣でもあるのです。代表的なものが糞害です。鳩の糞には様々な病原菌が含まれており、人間に感染するものも多くあります。病原菌の中には、乾燥に強いものもおり二年以上たっても感染源となるものもいます。鳩は決まった場所に繰り返し糞をする習性があるため、自宅近くに糞があるときは要注意です。見つけたら、早めに駆除対策をとる必要があります。駆除といっても、鳩は鳥獣保護法によって守られている動物のため、捕獲したり、巣を壊したり、殺したりすると罰則対象となってしまうため注意が必要です。そのため、駆除といっても近寄らせないための予防と対策が重要となります。

被害を拡大させないように

鳩は一度糞をした場所に何度も糞をすることで徐々にそこを安心できる場所として認知していくという特徴があるため、糞を見つけたらすぐに糞を除去することが重要です。その際、糞を吸い込んだり触ったりすることのないようにマスクと手袋をし、除去に使用した用具は使い捨てにするようにしましょう。このような対策の前に、ベランダなどにそもそも近づけないためのワイヤーや忌避スプレー、忌避ネットなどを使用する人も多いですが、あまり効果は高くありません。鳩は執念深く、ほんの少しの隙間から侵入してきます。そのため、真剣に駆除をしようと思うならば早めに専門業者に依頼するのも一つの手です。専門業者ならば見逃しやすいポイントもおさえて対策を行なってくれるため効果は高いです。長い目で見ると最も確実といえます。

巣を作ったときの対処法

考える女の人

ハチ退治をするときは自分で駆除するよりも、専門の業者を利用した方が良いでしょう。何故なら、業者に依頼した方が多くのメリットを得ることができるからです。業者が来るまでは、安全のために誰も巣には近づけないようにしてください。

もっと知ろう

習性とトラップのポイント

蜂

スズメバチはその習性として糖分を含む水分の甘い匂いを好みますので、その習性を利用してトラップを作ります。ペットボトルに清涼飲料水などの誘引液を入れておいて、ハチを誘い込みます。そうすると羽が浸かって溺れて退治することができます。

もっと知ろう

種類とトラップ

シロアリ

ミツバチとアシナガバチの2種類が最も都会で見かける回数の多いハチです。その退治方法はトラップがおすすめです。大きな容器に誘引液を入れて甘い匂いでハチを誘い込んで退治します。設置するときはハチがいるかもしれないので白い服を着ましょう。

もっと知ろう